受験生の方へ

普通部の学費・費用

普通部に在学中、必要な学費等はおおよそ以下の通りです。これ以外にかかる費用としては、部会活動の費用があります。(以下の納付金は2020年度のもので、年度によって変動する可能性があります。)

納付金(2020年度以降の入学者)

 

1年

2年

3年

入学金

¥340,000

授業料*1

¥860,000

¥860,000

¥860,000

教育充実費

¥200,000

¥200,000

¥200,000

普通部会費*2

¥15,000

¥15,000

¥15,000

保有金*3

約¥65,000

約¥30,000

約¥50,000

林間・自然学校費用

約¥50,000

約¥58,000

約¥58,000

普通部独自の物品*4

約¥38,000

合計

約¥1,568,000

約¥1,163,000

約¥1,183,000

  • 1:前・後期に分けて分納できます。
  • 2:図書資料整備費、行事運営費用、部会活動等に使用します。
  • 3:副教材、芸術鑑賞会・遠足費用、傷害・賠償保険料、南食堂光熱水費等に使用します。
  • 4:通学鞄、スモック、体操服(ウォームアップジャケット、ストレートパンツ、半袖シャツ、ハーフパンツ)、運動靴2種の合計額です。
  • 制服は、詰め襟であればボタン以外の指定はありませんが、普通部でお求めの場合¥41,130となります。

任意参加の行事費用(年度によって変動する可能性があります)

名称

費用(概算)

対象学年

海浜学校

¥25,000

1〜3年生

冬スキー学校

¥88,000

2・3年生

春スキー学校

¥73,000

1年生

キャンプ教室

¥10,000

1〜3年生

フィンランド国際交流プログラム

¥250,000

1〜3年生

オーストラリア国際交流プログラム

¥230,000

1〜3年生

奨学金*

名称

条件

支給額

給付/貸与

小泉信三基金による奨学金

成績・品行優秀であり、かつ経済的事情で学業の継続が困難な者、第2学年以上

授業料の全額または半額

給付

2000年記念教育基金
による奨学金

家計急変により経済的事情で学業の継続が困難な者

学費の半額を基準に、事情に応じて 支出

給付

  • その他各種補助金等もあります。くわしくは事務室までお問い合わせください。

寄付金、学校債*

名称

金額

備考

普通部教育充実資金

任意の金額

 

慶應義塾教育振興資金

一口3万円、できましたら2口以上

 

慶應義塾債

一口10万円、できましたら3口以上

大学卒業時、大学院修了時または慶應義塾離籍時に償還

  • 寄付金、学校債ともに任意です。いずれも入学手続き後に募集いたします。