HOME 学校生活 部会活動

部会活動

正課を補う充実した時間

 日常の普通部生活を学業とともに豊かなものにしているのが部会活動です。自分の興味のあることがらや趣味に応じて各部会に入部し、部員として活動に励みます。他クラスや他学年の生徒、教員との交流という面でも貴重な場となっています。同じ趣味を持つ者が集い、目標に向け協力する。そうした活動を通じて、生涯にわたり付き合いの続く友人を持つ。これが部会活動の醍醐味のひとつと言えるでしょう。

部会一覧表 2017年度

運動部会 22部会

  1. 合気道部
  2. アーチェリー部
  3. オールスポーツ・アウトドア部
  4. 空手部
  5. 弓術部
  6. 剣道部
  7. ゴルフ部
  8. サッカー部
  9. 山岳部
  10. 柔道部
  11. 水泳部
  12. 卓球部
  13. テニス部
  14. バスケットボール部
  15. バドミントン部
  16. バレーボール部
  17. BTR研究会
  18. 保健体育研究会
  19. 野球部
  20. ラグビー部
  21. ラクロス部
  22. 陸上競技部

文化部会 18部会

  1. 英語研究会
  2. 演劇・映画の会
  3. 音楽部
  4. 化学の会
  5. 棋道研究会
  6. コンピューター部
  7. 書道部
  8. 数学研究会
  9. 生物の会
  10. 地理・GIS研究会
  11. 図書室の会
  12. 農の会
  13. 美術部
  14. フィールドワーク研究会
  15. 物理の会
  16. 星と石の会
  17. 模型工作の会
  18. 歴史研究会

アーチェリー部

演劇・映画の会

テニス部

ゴルフ部

野球部

剣道部

柔道部

音楽部

ラクロス部

バスケットボール部

山岳部

弓術部

棋道研究会

バレーボール部

ラグビー部

空手部

農の会

英語研究会

サッカー部

多種多彩な部会活動

いずれかの部会への入部が原則です。1年生で9割が運動部会、2割が文化部会に所属しています。 複数の部会に入部する普通部生もたくさんいます。

入部制限

入部希望者多数の場合、施設、安全面などの理由から人数制限を設ける部会もあります。このため希望した部会に必ず入れるとは限りません。 入部 制限を設ける部会は、年度により変わります。

部会活動の日数・位置付け

1つの部会の活動日数の上限は決まっており、 平日(月~土)は3日まで、長期休業中は休業日数の2分の1までです。 部会活動は正課(学業・学級活動)、 課外活動 (式典、 行事等) に次ぐ位置づけであり、 あくまで教育活動の一環であると考えています。 土曜日を含め、 部会の試合に参加する等の事由で授業や学校行事を欠席した場合の公欠制度、補講はありません。


一貫教育の伝統 〜縦のつながり〜

慶應義塾大学の大学生や社会人のOBがコーチとして指導にあたる部会が多いのも一貫教育校ならではの普通部の特色です。 「熱心に指導してくれる上に、いろいろと相談できるコーチの存在」、「慶應義塾の縦のつながりを意識し、自分もその伝統に参加できる喜びを感じる」という声を耳にします。幼稚舎から大学生、さらに社会人までが集って活動する全塾合同の練習会やイベントも行われています。また、中等部や湘南藤沢中等部との対抗戦を定期的に行っている部会もあります。

トップへ